たちばな医療専門学校

学校長挨拶

21世紀の看護・福祉を担う看護師の育成をめざして

本校は、昭和50年4月、看護師養成所たちばな高等看護学院(昭和51年4月・たちばな医療専門学校に改称)として開校いたしました。開校以来、1,000名以上の卒業生を社会に送り出し、その多くが県内はもとより、日本各地の病院・施設あるいは地域で活躍しております。本校の学生は、昼間、准看護師として働きながら夜間学ぶという勤労学生で、教育環境や職場環境も異なり、また、年齢層にも幅があり、それぞれの価値観も異なっております。

このような様々な違いのある学生が、昼間現場で経験したことを、夜、学校で確認し、それを又現場で再確認するという、生きた学習の積み重ねができることが大きな特徴でもあります。

21世紀にはいり、少子・高齢化のうねりはさらに大きくなり、国の医療制度のもと、病院・施設から地域へあるいは在宅へと、そして、医療の高度化・専門化と多様なニーズに対応するため、より人間性のある高度な看護技術者が求められています。

本校では豊かな自然環境を活かして感性を養い、多くの関連施設(病院をはじめ重症心身障害児[者]施設・デーサービスセンター等)での実習や、入所されている方々とのふれあいを通して、人間性豊かな看護師の育成をめざしております。

たちばな医療専門学校
学校長 松下 兼介

本校の沿革

  1. 昭和49年12月25日
    看護師養成所として指定を受ける(厚生大臣)
  2. 昭和50年02月26日
    各種学校として許可を受ける(鹿児島県知事)
  3. 昭和50年04月14日
    たちばな高等看護学院として開校
    (学校設置者・社会福祉法人たちばな会)
    (第一回入学式挙行)
  4. 昭和51年03月31日
    専修学校として認可を受ける(鹿児島県知事)
  5. 昭和51年04月01日
    校名改称 たちばな医療専門学校
  6. 平成02年04月01日
    学則変更、新学則施行
    (厚生省のカリキュラム変更に伴う変更)
  7. 平成04年03月
    新校舎竣工
  8. 平成11年04月01日
    学則変更、新学則施行細則変更
    (厚生省のカリキュラム変更に伴う変更)
  9. 平成12年02月18日
    新校舎竣工ならびに増改築
  10. 平成18年08月25日
    校舎増改築竣工

アクセス

  • 国道10号線「隼人港入口」交差点を鹿児島市方面より左折。
  • 東九州道「隼人東」インターから「国道223号線入口」交差点を直進。山形屋ショッピングプラザがある交差点を左折。次の鹿児島銀行がある交差点を左折。

JR

JR日豊本線・肥薩線隼人駅下車。タクシーで約5分。

バス

鹿児島交通バス
浜の市バス停下車。徒歩約5分。(一部隼人中学前下車あり徒歩約1分)

飛行機

鹿児島空港よりタクシーで約25分。

たちばな医療専門学校

〒899-5102
鹿児島県霧島市隼人町真孝910-7
TEL 0995-42-3514
FAX 0995-42-4834